新しいサービス、アプリ、参加したカンファレンス、読んだ本についてなど気ままに書いていきます。

インターネット業界で働くディレクターの雑記

気になるサービス

話題のグルメアプリまとめてみた"Retty", "テリヤキ", "lunch@", "Tastemade"

更新日:

restaurant

最近グルメ系アプリが次々と新しいものも出てきておもしろくなってきています。やはりマーケットが大きいので参入事業者も多く、スタートアップから大企業までいろいろなアプリがあります。

その中でも今年話題になった&来年くるだろうと思われるアプリをいくつかまとめてみました。

photo credit: williamcho via photopin cc

 

Retty

retty

数あるグルメアプリの中で今年最も注目を集めたのはやはり"Retty"かなと。

Rettyは、人の繋がりの中から自分好みのお店を探すことができるアプリです。

・Facebook連携をしているので実名でのレビューがほとんどで信頼できる

・位置情報から自分の行動範囲のお店を探せる=見つけたらすぐ行ける

・投稿しているユーザはグルメな人が多く、レビューの質も高い(30〜40代が多いそうです)

このような特徴があり、お店探しには最近Rettyを使うことが多くなってきました。アプリの機能改善もスピーディに行っているみたいで、改善されるたびに使いやすくなっています。ユーザも2013年現在で130万人と今年大きくのばしました。来年は1000万人を目指すとのことです。※Schooでの武田さんのお話より

関連記事:

グルメアプリ”Retty”を使ってみた

 

テリヤキ

teriyaki

話題性でいったらもしかしたらRettyよりもあったかもしれません。ホリエモンこと堀江貴文さんがプロディースした"テリヤキ"です。

選抜されたキュレーター(美食家、料理研究家、会社経営者など)による、本当においしいお店だけを集めた新しいグルメ系アプリです。食べログやRettyのように一般のユーザが投稿したりレビューを書いたりということは一切出来ず、ノイズが入らない設計となっていて、グルメな人はこんなアプリが欲しかった、と思うものになっているのでしょうか。

この記事をみると、ホリエモンのこのアプリに対する思いが伝わってきます。

ただやはり月額400円を払わないと全コンテンツが利用できないというのが、一般ユーザにとってはハードルが高いのではないでしょうか。多くのサービスが無料で利用できるので、別にお金払ってみるまでもないよね、と思ってしまいます。

レビューのクオリティが圧倒的に高くないとなかなか課金までは難しいと思うのですが、見てみると写真が一枚だったり、コメントが3行くらいだったり、レビューというよりは一言感想みたいな感じものものいくつかあり(もちろんすごくちゃんと書いているレビューもあります)、正直これだけをみて、「よし、ここ行ってみよう」とは思わないです。食べログのリンクがあるので、食べログも確認してから行ってみようかな、はあるかもですが。

レビューを書いている人が著名人なので、「この人がいうなら間違いない」という安心感はあるかもしれませんが、一般の人はそこまでその人のことを知らないので、ちゃんと分かりやすく説明されているレビューを見たいんじゃないかなと。

その意味ではRettyのレビューの方が質が高い気がします。一般のグルメな人が本当に行ってよかったお店についてレビューを書いていて、感想も心がこもっているものが多いと思う。

今のところ毎月400円払ってでも使いたい、と思うアプリではないかなというのが感想です。

 

lunch@

リクルートが12/6に新しいグルメアプリをローンチしました。lunch@は厳選レビュアーのおすすめランチを紹介するというアプリ。そうです、テリヤキとだだかぶりですね。

テリヤキのローンチが10/29なので、わずか1ヶ月強で出してきました。さすがリクルート。テリヤキはローンチ前から話題になっていたのでそのときからプランニングは進んでいたのだと思います。

ランチに特化しているというのがテリヤキとは違う一つの特徴になっていて、紹介されるお店もコスパがよくてうまい!というお店が多い気がします。そういう意味ではよりユーザの利用シーンをしぼっているのでニーズにあったコンテンツを提供しやすいのかもしれません。

"厳選レビュアー"の方をさらっと見てみたのですが誰も知りません(ごめんなさい)。でもレビューを見てみると感想も良い意味で個人的な視点から、いいとこ悪いところ含めてちゃんと書いているので参考に成るレビューが多いなぁという印象。

あと細かいですが、食べログのリンクがあるのもいいです。リクルートはホットペッパーグルメがあるのでもしかしたら食べログのリンクはないのでは、と思いましたがちゃんと入れています。ユーザは食べログの方が見たいですもんね。。英断。順番はもちろん、ホットペッパーが上です。

そして何よりも全機能無料(今のところ)で使えるというのがいいですね。動きもテリヤキより軽いです。

まだエリアでの絞り込みしかないので、ゆくゆくは詳細条件絞り込みや人気順表示なのでマネタイズしてくるかもしれません。

今のところlunch@のほうがテリヤキよりも使いたいなーと思うアプリです。

 

Tastemade

tastemade

最後に海外のサービスをひとつ紹介したいと思います。Tastemadeはおすすめのレストランを動画で紹介するアプリです。

Tastemadeが用意したテンプレートにそって1分程度お店紹介ムービーを作って投稿し、その投稿に対して他のユーザがLikeしたりCommentしたりFollowしたりとコミュニケーションを取ることができます。

テンプレートの流れとしては、

・Introduction(自己紹介) 10s

・Ambiance shoto (外観、環境ショット)15s

・The meal (食事) 15s

・Food and Friends shot (食べ物と友達ショット)15s

・Wrap up (まとめ) 10s

という感じに成っていて大体このテンプレにのっとって投稿されています。

面白いのは、やはりアメリカ人ならではというか、自己紹介でしゃべるしゃべる…自分の顔をどんとアップで写して、「今からこんな店いくよ」「ここにはこんな思い入れがあるよ」というようなことをダーっと説明します。日本人ではこれは出来る人少ないなーとw

食事の感想とかもときおりコメントを挟みながらおもしろおかしく伝えているものもあり、見ているだけでも結構楽しめます。日本人の方もいくつか投稿していますが、自分の顔や声が入ることはなく、たんたんとお店の外観や料理やつくっているところを撮っているという感じ。日本では流行らない気がする。。

ただ、やはり動画だと作っているときのジュージュー焼ける音やお客さんが話すわいわいにぎやかな感じの音、料理を食べるときの音なども聞こえて、耳でも雰囲気がわかるのはおもしろいかも。

そして何よりもこのアプリいいなーと思うのは、コメントがたくさんついていること。お店や料理を褒めるコメントはもちろん多いのですが、「What a great video!」「nice report」みたいなビデオを褒めるコメントもあったりしてコメントが盛り上がっています。コミュニケーションが盛り上がると投稿した人も嬉しいだろうし、また投稿しようというモチベーションにもつながります。CGMはやっぱりいかにコミュニケーションをうまくとってもらえるかを考えないといけないですね。機能と場(雰囲気)づくり。

 

 

最近気になったいる4つのグルメ系サービスを紹介してみました。

何かコメントや「こんなのもあるよ!」とか教えてもらえるとうれしいです。

 

ではまた〜

Adsense

Adsense

-気になるサービス
-,

Copyright© インターネット業界で働くディレクターの雑記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.