新しいサービス、アプリ、参加したカンファレンス、読んだ本についてなど気ままに書いていきます。

インターネット業界で働くディレクターの雑記

気になるサービス

フリマアプリ"メルカリ"を使ってみた

更新日:

今複数のサービスが出てきて盛り上がりを見せているのが、CtoCのフリマ系サービス。

話題になっているところだと、女の子向けのかわいい系フリマアプリのFrilや、ファッション系の商品が豊富なLISTOR、幅広い商品を揃えるGarageSale等あるが、今回は今年7月にローンチしたメルカリを使ってみたのでレビューする。

メルカリはウノウの創業者の山田進太郎さんの新会社、コウゾウのサービスということでも注目されているアプリである。

写真 2013-09-14 11 56 07      写真 2013-09-14 12 11 53

 

まず、感想を一言でいうならば、「ユーザーの行動をよく考えられて作られている」ということ。

ざっと良い点、改善してほしい点をレビューしていく。

 

良い点

1. あんしんして取引が出来る

具体的に言うと、出品者が落札者に口座番号を教える必要がないということ。流れとしては、

・落札者が購入手続きをする

・一旦メルカリがお金をプールし、購入手続きが済んだことを出品者に通知

・出品者が商品を発送

・落札者が商品を受け取り、出品者を評価する

出品者の売り上げ残高が増える

・出品者が落札者を評価する

・取引終了

「売上残高が増える」というのがポイントで、口座情報はメルカリに登録しておき、自分の好きなタイミングでメルカリで得たお金を自分の口座に振り込むことが出来るということである。※振込金額が1万円未満の場合に手数料が210円かかるのはユーザーとしてはちょっと微妙だが。

 

2.やることリスト

やることリストとは、購入したときされたときに次自分がなにをしなければいけないのかを順番に教えてくれる機能である。

この機能があることで、次のステップにいくためにやらなければいけないことが視覚的に明確になるためストレスが減る。(次はどうすればいいんだっけと考える必要がない)

細かい話だが、やることリストは開いても既読にならないようになっている(ヘッダに数字が1などと残るということ)。そしてリストにあることを実行したときにリストから消えるようになっている。アプリを立ち上げたときにいつでも今やることがあるかどうかが一目でわかるのは便利。

 

3. 取引ステータス

購入手続き〜双方が評価をする、というところまでが一つの取引となっていて、評価しないと取引中のステータスとして残るようになっている。一見めんどくさい気がするが、CtoCサービスではユーザー同士の評価によってユーザーの価値(信頼性)が上がり、あんしんして取引ができる場になるので、ユーザーにとってもプラスでになるはずだ。

写真 2013-09-14 12 13 11

 

4. 動きがサクサク

これはどのアプリでも重要だと思うが、特にフリマアプリのようにユーザーに多くのアクションを提供するアプリにとっては、いかにサクサクやりたいことができるかは使い心地に非常に影響する。使い心地がよければまた使ってみようとなる。

落札には、ジャンル切り替え、商品詳細閲覧、いいね、コメント、購入手続き(配送先設定、支払い方法設定、理容ポイント設定)、取引評価というアクションがあり、出品には、写真撮影、商品情報入力、コメント対応、発送通知、取引評価というアクションがある。スマホでは画面領域が限られているため画面遷移が多く、これらのアクション時の挙動をいかにスムーズにできるかが、アプリの使いやすさに大きく関係する。

5. ユーザーからのレスポンスが異様に早い

これにはびっくりした。メルカリで初めて出品したペアグラスに、出品後30秒くらいでコメントがついたのだ。本当に30秒くらいだった。その後も5分以内にさらにコメントやいいねがついた。期限が決まっていてビットしていくオークションではなく、双方の合意があればすぐに取引が成立するので、フリマ同様早い者勝ちなのだ。

恐らく現在のメルカリのユーザーはWebサービスをつかいこなしているアーリーアダプター層なので、利用頻度が高く、コメントやいいねのアクションにも抵抗がないというのも理由としてあると思う。

 

と、ここまで良い点を述べてきたが、もちろん改善してほしい点もいくつかある。まだこれから機能追加されるところだと思うので、近いうちに出来るようになることもあると思うが。

 

改善してほしいところ

1. 商品が埋もれて2度と上がってこれない

"ストア"のビューには、商品が新しい順に並ぶので、出品直後は一番上に表示されるがその後はどんどん下に下がっていってしまう。さきほどのペアグラスも出品直後はたくさん反応があったが、時間が経つにつれて反応がなくなった。ユーザーが目にする機会がなくなったためだ。

またカテゴリが10個、1階層しかないため、ある程度欲しい商品があるとき(サングラスが欲しいとか)に探すことができない。(検索でキーワードを入力するしかない)

 

なので、商品詳細検索や人気順並び替え(商品、ユーザー)などがあると嬉しい。検索は開発中のようだ。

 

2. 発送元の地域設定がめんどくさい

出品時に発送元の地域を選択しなければいけないが、選択時のリストが北海道〜沖縄順で毎回スクロールしないて探さないといけない。地味にめんどくさい。発送元地域は普通のユーザーはほとんど変わることはないと思うので、一度設定した地域をデフォルトで設定しておくとか、選択ビューで一番上に表示されるようにするとかしてほしい。

 

3. スライドメニュー

好みと慣れの問題かもしれないが、個人的にわかりにくのがスライドメニュー。

商品を探すときに一番見たいページは"ストア"だと思うが、ぱっとみて分かりにくい。

(現在の順番は、マイページ、ニュース、ストア、検索、いいね、、、続く)

ニュースはここになくてもいい気がする。たまにしかアップデートないし、お知らせで飛ばせばいいかと。

写真 2013-09-14 12 12 58

あと気になるのは、画像の加工。instagramみたいに様々なフィルタがあり、鮮明度調整や補正等できて、商品をきれいに見せることができるのは売り手としてはいいが、実際にものが届いたときに写真と全然色違うとか傷があるといったユーザー間のトラブルが発生しそう。

 

とつらつらと書いてみたが、メルカリは全体的にはすごく使いやすく気に入っている。今後の改善にも期待したいし、やはりCtoCなのでユーザーが増えて商品数が増えて盛り上がってくるともっと面白くなると思う。

 

今後が楽しみなサービス。おわり。

 

 

 

 

Adsense

Adsense

-気になるサービス
-,

Copyright© インターネット業界で働くディレクターの雑記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.